公開履歴
相手と話したくないカップル

早漏で悩んでいる方は実はかなり多く、全男性の3人に1人とも言われています。
早漏とは自分の望んだタイミングで射精ができないことです。
健康な男性であれば射精に至るまでの平均時間は約7分強ですが、早漏の人では約2分弱で射精に至るというデータがあります。
その事が原因で性行為に対して消極的になってしまったり、精神的な問題でEDにまでなってしまうことも少なくありません。

そんな挿入時間が短い方に対して使われているのが、SSRIと呼ばれる種類の薬です。
SSRIとは抗うつ薬の一種で、セロトニンと呼ばれる物質の再吸収に働きかけ阻害する事でうつ症状の改善を図るものです。
その副作用として性欲減退や射精困難、いわゆる遅漏が知られており、その副作用を早漏治療に応用しているのです。

そのSSRIの中でも、特に早漏に対して効果を示すのが、ダポキセチンです。
短時間で効き目を現し、また短時間で排泄されるため、安全性が高いと言われています。

ヨーロッパ諸国においては以前から早漏治療薬として認可されていましたが、日本でも数年前から認可され、輸入されるようになりました。
アメリカで行われた臨床実験の結果では、ダポキセチンによって平均3分19秒も射精を遅らせる事に成功したというデータや、射精時間が3~4倍に延びたという結果も報告されています。
ダポキセチンは、このように高い効果を発揮するものですが、その分価格も高くなっていて、手を出しにくいものでした。

しかし最近では、ジェネリックのものが登場するようになったのです。
ジェネリックとは後発医薬品とも言い、特許の期限が切れた医薬品の物質特許を元に開発されるものです。
開発費用が掛からないために安価で入手できます。

ダポキセチン ジェネリックも、安価であっても主成分が同じであるため、ダポキセチンと同じ効果が期待できるのです。

記事一覧
1分以内に射精する早漏の改善法とは 2019年11月21日

性交渉で1分以内に射精してしまうという早漏の方が居ますが、さすがに1分以内では相手も満足する事が出来ないですし、本人としても自信を失ってしまう事もあります。こうした早漏の改善には様々な改善法がありますが、心理的要因と肉体的要因、またはいずれにも合致している場合もあり、まずは心理的要因としてはセックス...

挿入時間を長くする方法 2019年08月06日

男性において、主にセックス時における挿入時間は非常に重要なものです。パートナーを満足させたいと言う気持ちもありますし、挿入時間が短い事が自分自身のコンプレックスとなり様々なトラブルを引き起こしてしまう場合もあるからです。挿入時間の短い、いわゆる早漏と言われる人たちは様々な早漏対策を行っています。挿入...

男性が自分に感じやすいコンプレックス 2019年10月18日

男性が感じやすいコンプレックスには、様々なものが存在していますが、特に代表的なのが早漏と短小と呼ばれるものであります。どちらも、男性のシンボルである性器に関することですので、軽視することができず、深く悩んでしまうというケースも決して少なくありません。そして、自分自身に自信を持つことができなくなってし...