• ホーム
  • うつ病による早漏の早漏れ対策とは

うつ病による早漏の早漏れ対策とは

2019年12月23日

うつ病になるとペニスの立ちが悪くなり、医療機関でEDと診断されることもあります。
ペニスは体力が衰えるほど弱くなると思われていますが、体力よりもストレスのほうが大きく影響しています。
ストレスがたまると自律神経のバランスが悪くなり、理由もなくイライラすることが多くなります。
心身のバランスが崩れると、勃起力は確実に弱くなるのです。
EDと早漏は関連性があり、中高年の早漏はEDが原因であるケースが多いものです。
健全なペニスは内部に芯が入っていると思われるほど硬く、射精調整が容易に行えるものです。
ペニスの感度も良好なので、ピストン中にあとどの程度で射精するのか把握しやすいです。
しかし、EDでペニスがやわらかくなると、まだ大丈夫だと考えていても射精してしまうことがあります。
勃起不全が原因の早漏に関しては、まずはEDを治していくのが先決となります。

うつ病による早漏れ対策としては、うつ病を治すことが先決となります。
医療機関でED治療を受けるとき、精神安定剤の処方を受けることがあります。
これは心因性な原因でEDが起きているためであり、最適な治療法として休職を提案されることがあります。
精神疾患の治療として最も効果的なのは、その原因となる環境を取り除くことなのです。
男性がストレスを遠ざける一番の方法は休職なのです。

うつ病による早漏れ対策で大切なのは、自宅でゆっくりと休養をとることです。
家族との不仲が原因ならば、仲直りするか場合によっては別居する必要性もあるでしょう。
早漏により夫婦仲が悪くなっているなら、早漏であることをカミングアウトして対策しましょう。
男性が認めることで気持ちが楽になり、パートナーと相談しながら早漏れ対策ができるようになります。

関連記事
1分以内に射精する早漏の改善法とは

性交渉で1分以内に射精してしまうという早漏の方が居ますが、さすがに1分以内では相手も満足する事が出来ないですし、本人としても自信を失ってしまう事もあります。こうした早漏の改善には様々な改善法がありますが、心理的要因と肉体的要因、またはいずれにも合致している場合もあり、まずは心理的要因としてはセックス...

2019年11月21日
挿入時間を長くする方法

男性において、主にセックス時における挿入時間は非常に重要なものです。パートナーを満足させたいと言う気持ちもありますし、挿入時間が短い事が自分自身のコンプレックスとなり様々なトラブルを引き起こしてしまう場合もあるからです。挿入時間の短い、いわゆる早漏と言われる人たちは様々な早漏対策を行っています。挿入...

2019年08月06日
男性が自分に感じやすいコンプレックス

男性が感じやすいコンプレックスには、様々なものが存在していますが、特に代表的なのが早漏と短小と呼ばれるものであります。どちらも、男性のシンボルである性器に関することですので、軽視することができず、深く悩んでしまうというケースも決して少なくありません。そして、自分自身に自信を持つことができなくなってし...

2019年10月18日
早漏がコンプレックスで女性関係が上手くいかない

早漏がコンプレックスになっている人は結構多いです。早いということは性行為をする上でとても恥ずかしいことであり、こうしたコンプレックスを治療するための製品などもたくさんあります。こうしたコンプレックスのせいで女性関係が上手くいかないということを悩んでいる人もいます。ただ早いということであれば、性行為以...

2019年09月13日
女性が理想とする挿入時間

男性の多くが性行為の際に射精までの時間が短い、いわゆる早漏というものは恥ずかしいと感じていて、なんとかして早漏を改善しようと努力しています。長ければ長いほど男性としての魅力が高まるというイメージがありますが、実は女性が理想とする挿入時間は必ずしも長ければ良いというわけではありません。性行為というのは...

2019年08月26日